目の疲れにはアントシアンがオススメ

目の疲れにはアントシアンがオススメ

自動車の運転を長時間続けていると、文字がぼやけたり、眼球に痛みを感じることがあります。これは、水晶体を支え、遠近の調整をしている毛様体の機能が低下し、眼精疲労になった状態です。水晶体に十分な血液が流れないと、酸素が補給されにくく、疲労度が増します。疲れ日の状態が続くと、自内障やドライアイなど、日の病気を引き起こすおそれがありますoまた、最近研究から、日の網膜にはロドプシンという色素体があり、光の刺激を脳に伝える役割をしていることが明らかになりました。

 

私たちが視覚を維持できるのは、日を使ったり、光の刺激を感じると、ドプシンが分解と再生を繰り返しているからです。ビタミンAは脂溶性のビタミンのため、過剰症の心配があります。そのため、体内でビタミンAに変わるβlカロテンをしつかりとることが大切です。

 

神経組織の1 つなので、ビタミンB群も忘れずに補いましようo日の酸化を防いだり、水晶体の老化を防ぐためには、抗酸化ビタミンのEやCをこまめにとることも大切です。また、視覚を持しているロドプシンの作用を上げるためには、ブルーベリーなどの色のついた果物や植物に含まれているアントシアニンの摂取が効果的です。

 

パントテン酸にも注目!

 

食生活の乱れから慢性的なビタミン欠乏症になりやすい環境にあります。微量であってもビタミンやミネラルの不足が続くと、体内の代謝が思うように行われず、疲労やスタミナ切れのもとになるといわれています。スタミナ増強に効果があるのは、バントテン酸です。パントテン酸は脂肪や糖質、たんぱく質などのエネルギー代謝には欠かせないビタミンです。不足すると、食事から摂取した栄養分がうまく吸収されず、スタミナ切れの原因になります。ビタミンBlは、血液中の糖分の代謝に不可欠なビタミンです。Blが不足すると、体内に乳酸が蓄積するため、疲労が増します。抗酸化ビタミンの1つであるビタミンCは、改離ぽ難ホルモンの分泌を促す作用があるので、血糖値を高め、エネルギーを増幅します。

 

 

どれも過剰症の心配がないビタミンなので、少しでも多くとる努力をしてスタミナをつけましょう。サプリメントなどの錠剤や、手軽なドリンク剤などもおすすめです。スタミナはあるのに、根気が続かない人は、ビタミンBlとEを一度に摂取するとより効果的です。ビタミンBlは神経細胞の活力を高める作用があるので、気力が持続しないときには有効です。ビタミンEは、神経細胞の興奮を抑制したり、中枢神経を整える作用があります。ビタミンBlとは相反するように感じられますが、じつは相乗効果が期待できる組み合わせです。