便秘と下痢に有効な成分

便秘と下痢に有効な成分

とくに、ストレスが原因の場合を「過敏下痢性腸症候群」といい、便秘や下痢、または便秘と下痢を交互に繰り返す症状が現れます。ストレスが原因で起こる便秘は、ぜん″てつ食べものを消化して腸に送る嬬動運動に関係しています。嬬動運動は自律神経が司りますが、ストレスがたまると、自律神経の副交感神経が興奮し、激しい嬬動運動を起こします。このとき、結腸の一部が過敏になって、必要以上に収縮すると、嬬動運動が妨げられ、そこから先へは消化したものが運ばれないため、便秘が起こるのです。

 

 

野菜など食物繊維の多い食品を積極的にとることです。果物や野菜には多くのビタミンが含まれるため、体内の代謝をスムーズにし、便通をよくします。

 

また、便意がなくても、毎日同じ時間にトイレに行くことを習慣にすることが、便秘解消には大切です。ビタミンCやバントテン酸を多く摂取すると、便が軟らかくなったり、下痢を引き起こすヶl スがあります。逆に、そうした作用を便秘の解消に利用することもできます。ビタミンCは水溶性のビタミンなので、体内に大量に取り込んでも、不要なものは尿から排泄されるため、とりすぎによる弊害がほとんどありません。また、過剰にストレスを受けると、副腎皮質ホルモンが生成されるときに、大量のビタミンCを必要とします。便秘に悩んでいる人は、ビタミンCを少し多めにとるように心がけル必要があります。胃や腸の弱い人は、少量でも効果が現れるので、少しずつ量を増やして効果を確かめ、自分に合った量を知ってください。ビタミンCなら、市販の便秘解消剤を使用するよりは、からだへの負担が少ないので、ぜひ試してみましょう。