カルシウムと取るには牛乳が一番良い?

カルシウムと取るには牛乳が一番良い?

牛乳を飲んで、逆におなかが張って使秘になる人もいるようです。その原因は、ラクターゼという酵素で、牛乳に含まれる糖分(ラクトース)が腸内で分解されるときに必要となります。ラクターゼが不足すると、ラクトースが十分に消化されないため、腸内でさまざまな症状が起こります。

 

これらを「乳糖不耐症」といいます。牛乳にはカルシウムが多く含まれているので、牛乳が飲めない人はカルシウム不足が心配されます。そのカルシウムと最も関係の深いミ不ラルはマグネシウムです。カルシウムが不足し、マグネシウムとのバランスが崩れると、筋肉や神経に悪影響がでてくるだけでなく、骨粗穣症という骨がもろくなる病気を併発しかねません。

 

まず、乳糖だけが分解済みの「ラクターゼ牛乳」を利用する方法です。ほかの成分は、ふつうの牛乳と変わらないので安心です。体質的に牛乳が合わない人は、温めた牛乳を少しずつ飲んだり、チーズやョーグルトなどの乳製品などを意識的に摂取するとよいでしょう。

 

チーズやヨーグルトは、発酵の段階でラクトースが分解されてしまうため、腸内のラクターゼ酵素が不足していても問題ありません。さらに、カルシウムが豊富な煮干しやたたみいわしなどから摂取する方法もおすすめです。そのほか、サプリメントなどでカルシウム成分だけを摂取する方法も有効です。この場合は、カルシウムの吸収率を高めてくれるビタミンDを同時にとるとよいでしょう。

 

 

タンパク質もきちんと取るようにしよう!

 

多く含まれるビタミンやミネラルルとともに、人間にとって必要な栄養素です。食事から取り込んだ動物性たんぱく質は、体内でアミノ酸に分解され、必要な形のたんぱく質として合成されてから吸収されます。たんぱく質に合成される段階で、ある特定のアミノ酸が不足すると、人間に必要なたんぱく質が合成されなくなってしまいます。肉類にはアミノ酸が含まれていますが、人間にとって必要な、すべてのアミノ酸が含まれているわけではないのです。

 

厚生労働省の指針では、たんぱく質の1日の必要量を、体重lkg当たりlgとしていますが、単純に体重50kgだから50gとぃぅことではぁりません。

 

 

動物性たんぱく質のおもな供給源である肉類には、たんぱく質以外にも動物性脂肪などがかなり含まれているので、とりすぎには注意が必要です。動物性脂肪を多く摂取すると、コレステロール値が高くなり、動脈硬化などを招くことになります。