妊娠の時の病院選びのポイント

妊娠の時の病院選びのポイント

病院は、初診を受けるときに決めておき、妊娠中、出産、産褥期と同じところに通うのが理想的です。しかし、里帰り出産などもあり、なかなかそうもいかないのも多いのが現状です。また、病院の種類によって扱いも違いますから、よく検討し、自分に合ったところを選びましよう。

 

大切なことは、あなた自身がどんなお産をしたいか、ということです。病院によっては、計画分娩を主流にしているところや、自然分娩を行っているところなど、内容はさまざまです。計画分娩とは出産の日時をほぼ決めておき、その日に合わせて陣痛を入工的に起こさせて出産するシステムです。自然分娩は、自然に起こる陣痛を待って、母体と胎児の力で自然に出産することです。まず、その病院がどんなお産をさせるのか聞いてみましょう。
ポイントとしては、

 

●分娩の種類―自然分娩か計画分娩か、無痛分娩を行っているか
●母子同室か、別室か
●新生児は母乳栄養か人工栄養か
●夫、友人の立ち合いを認めているか
●母親学級はあるか
●個室か、相部屋か
●費用はいくらかかるのか
●会陰切開の考え方
●近所での評判はどうか
●家からの交通機関は便利か

 

などがあります。

 

お産をするのはあなたですから、自分の希望をはっきり伝えて、納得できる病院を決めてください。里帰り出産の場合今、通っている病院とお産する病院の方針が違っているのも困ります。直接行ってみるのがいいのですが、無理なときは電話ででも確認してから決めましょう。また、近所の評判は大きな決め手になりますから、お母さんに情報を集めてもらいましょう。