美肌の秘密の花園

美肌の秘密の花園記事一覧

ビタミンB6は補酵素として、直接、アミノ酸の合成・分解に関係する酵素を助ける働きがあるからです。外食などが続き肉類を多くとる人は、ビタミンB6を意識してとりましようo動物性脂肪が過酸化脂質になるのを抑制するためには、抗酸化ビタミンのEを摂取することが大切です。健康のためには、できるだけ栄養バランスの偏らない食事をとるようにすることが望まれます。過酸化脂質が増えると、高コレステロール血症や動脈硬化の...
筋肉は多くのエネルギーを必要とします。このエネルギーは、グリコーゲンという糖分が燃焼することによって生じますが、同時に燃えカスのような老廃物も発生します。たとえば乳酸などです。乳酸は、血液を経由し、肝臓に運ばれて分解されますが、肝臓で分しきれない乳酸は筋肉に残るので、こりやしこりとなって筋肉痛を長引かせ、筋肉疲労の原因になります。筋肉痛にならないためには、グリコーゲンを上手に燃焼させ、乳酸が残らな...
また、ビタミンEには末梢血管を広げたり、脳内の血液循環をよくする働きがぁります。脳内の視床下部は、からだのさまざまな機能を調節する自律神経機能を司る大切な場所です。脳内の血液循環がよくなると、視床下部の働きも活発になり、性機能の働きもよくなると考えられるのです。また、昔からうなぎやレバーなどを食べると精がつくといわれていますが、これは含まれる亜鉛に精力を高める働きがあるからです。性ホルモンをはじめ...
運動量が増えれば、エネルギーの代謝がよくなりますが、糖分や炭水化物の代謝に必要なビタミンBIや脂肪の代謝に必要なB2はヽより多く消費されるので、潜在的なビタミンB群の欠乏症を招きがちです。また、激しい運動は、ふだんよりも体内に取り込む酸素量が増えるので、発生する活性酸素も通常の10?20倍になります。そのため、抗酸化ビタミンのEや、分解されたビタミンEの再生を助けるビタミンCが多く消費されます。マ...
とくに、ストレスが原因の場合を「過敏下痢性腸症候群」といい、便秘や下痢、または便秘と下痢を交互に繰り返す症状が現れます。ストレスが原因で起こる便秘は、ぜん″てつ食べものを消化して腸に送る嬬動運動に関係しています。嬬動運動は自律神経が司りますが、ストレスがたまると、自律神経の副交感神経が興奮し、激しい嬬動運動を起こします。このとき、結腸の一部が過敏になって、必要以上に収縮すると、嬬動運動が妨げられ、...
自動車の運転を長時間続けていると、文字がぼやけたり、眼球に痛みを感じることがあります。これは、水晶体を支え、遠近の調整をしている毛様体の機能が低下し、眼精疲労になった状態です。水晶体に十分な血液が流れないと、酸素が補給されにくく、疲労度が増します。疲れ日の状態が続くと、自内障やドライアイなど、日の病気を引き起こすおそれがありますoまた、最近研究から、日の網膜にはロドプシンという色素体があり、光の刺...
貧血を予防するためには、赤血球を造る働きを助けるビタミンB l2や葉酸が不可欠です。また、からだの免疫力が低下する場合もあるので、自血球の生成に役立つビタミンCを補給することが大切です。そして、疲労物質の乳酸を体内に残さないために、ビタミンBIや、脂肪の燃焼を促すビタミンB2の摂取が必要です。これらのビタミンの吸収率を高めるためには、ビタミンEやβlカロテンなどを、食事から上手にとることが理想的で...
活性酸素を抑制する抗酸化ビタミンのEやCが有効です。とくに、血液の循環をよくするビタミンEは重要です。神経組織を正常に保つためには、ビタミンB‐も忘れずにとりましょう。また、ビタミン6は、痛みを感じとる神経細胞の興奮を抑えたり、神経細胞間の伝達役をする神経伝達物質GABA (ギャバ)の合成を助ける働きがぁるので、痛みを緩和するのに効果があります。ストレスよる腰痛は、ビタミンCが有効です。ストレスに...
牛乳を飲んで、逆におなかが張って使秘になる人もいるようです。その原因は、ラクターゼという酵素で、牛乳に含まれる糖分(ラクトース)が腸内で分解されるときに必要となります。ラクターゼが不足すると、ラクトースが十分に消化されないため、腸内でさまざまな症状が起こります。これらを「乳糖不耐症」といいます。牛乳にはカルシウムが多く含まれているので、牛乳が飲めない人はカルシウム不足が心配されます。そのカルシウム...
野菜をとらないで慢性的なビタミン不足になると、体内の代謝がスムーズに行われずに、神経機能に影響をおよぼしたり、体力の低下やスタミナ切れなどの症状が起こり、情緒不安定につながります。とくに、ビタミンB群とCの不足には注意が必要です。ビタミンBlが欠乏すると、エネルギーのもとになる炭水化物の代謝に悪影響をおよぼし、体力や気力が続かなくなります。ビタミンB2は脂肪の代謝を、ビタミンB6はたんぱく質の代謝...
病院は、初診を受けるときに決めておき、妊娠中、出産、産褥期と同じところに通うのが理想的です。しかし、里帰り出産などもあり、なかなかそうもいかないのも多いのが現状です。また、病院の種類によって扱いも違いますから、よく検討し、自分に合ったところを選びましよう。大切なことは、あなた自身がどんなお産をしたいか、ということです。病院によっては、計画分娩を主流にしているところや、自然分娩を行っているところなど...