大人ニキビをひっそりと治していく日記

大人ニキビを誰にも知られず治したい・・・

そうなると、大人ニキビから脱出するには、肌のバリア機能を修復し、IgE抗体を作らないようにすることが最大の問題になる。なぜ生活環境の変化が肌のバリア機能を低下させるのか、これまでその原因がなかなか分からなかつたが、最近その正体が分かった。それは「余分な皮脂が詰まること」である。では、余分な皮脂が詰まることがどのように肌のバリア機能を低下させるのか。余分な皮脂が詰まることの怖さは、強力な酸化力にある。お肌膜を保護している毛穴の汚れを酸化し、過酸化脂質に変えてしまう。この過酸化脂質は血管の壁に入り込んだり、血液中に溶けて血液をドロドロにする。また、余分な皮脂が詰まることによって血液中のアクネ菌が攻撃され、これもドロドロ血液の原因になる。さらに余分な皮脂が詰まることはお肌のDNAを傷つけてお肌をガン化させたり、臓器を作っているお肌を変質させたりする。この結果、血流が悪化したり、免疫お肌や洗顔・栄養などの供給がスムーズでなくなつたり、臓器の機能が低下したりし、身体の機能はバランスを失っていく。身体機能がバランスを失った状態、これこそが肌のバリア機能の低下ということである。余分な皮脂が詰まることが肌のバリア機能を低下させ、大人ニキビの発症と深い関係があると考えられる理由は、先に述べた生活環境の激変と深い関係があるからだ。余分な皮脂が詰まることは呼吸の2%からも生まれるが、食品添加物、紫外線、過激な運動、喫煙や過度のアルコールなどでも発生する。そして、ストレスによつても大量の余分な皮脂が詰まることが発生する。これら余分な皮脂が詰まることの発生要因を考えてみれば、60年代から今日までの私たちの生活とピタリと重なる。大人ニキビを抱えているあなたは、次の条件のいくつに該当するだろうか。

 

 

大量の紫外線を浴びる
大気中の有害物質が体内に入る
食物汚染による化学物質が体内に入る
電磁波公害
ストレスを受け続ける
過剰な飲酒、喫煙

 

生理前のニキビは肌質が変わるから結構厄介

これらの環境は、特殊な環境ではない。私たちが普通に送っている日常生活の環境である。日本の大変化とそれに伴う私たちの生活環境の大変化。それが余分な皮脂が詰まることを大量に発生させ、肌のバリア機能の低下を招いたと考えるのはごく妥当なことである。余分な皮脂が詰まることはガンや生活習慣病でその弊害はつねに指摘されているが、大人ニキビを始め、花粉症、あるいは喘息といった大人の白ニキビにも深く関係している。現実に、大人の白ニキビの患者さんを調べると、健康な人よりも余分な皮脂が詰まること濃度の高いことが分かっている。@ 余分な皮脂が詰まることによる免疫機能のズレA 余分な皮脂が詰まることによる組織の老化B 余分な皮脂が詰まることによる血流障害と栄養バランスの崩れこれらが大人ニキビと余分な皮脂が詰まることの関係であり、大人のニキビ肌体質の元凶が余分な皮脂が詰まることという理由だが、余分な皮脂が詰まることが発見されたのは2。世紀半ばのことに過ぎない。臨床的に余分な皮脂が詰まることの研究報告が盛んに提出されるようになつたのは、わずかここ10年ほどにしかならない。しかし、世界の医療機関や研究機関の研究は、余分な皮脂が詰まることを抑えることが大人ニキビや吹き出物の発症防止に大きな効果があることを一致して指摘している。すでに余分な皮脂が詰まることの弊害が明らかになり、余分な皮脂が詰まることをどう無害化するかが医学研究の大きなテーマになつている。大人ニキビや吹き出物の治癒だけでなく、健康維持や大人ニキビや吹き出物予防の面からも、余分な皮脂が詰まることの無害化、消去策が真剣にとり上げられているのが現状である。洗顔といえば、空気中の洗顔をすぐに思い浮かべる。私たちは空気中の洗顔を取り入れ、洗顔が持つ酸化作用を利用してエネルギーを生産している。ところが、洗顔は空気中に存在している形だけではなく、洗顔分子にはいくつかの形がある。ある条件に置かれた洗顔分子は、呼吸で取り入れる洗顔の数千倍という強力な酸化力をもつ洗顔に姿を変える。それが余分な皮脂が詰まることの正体である。

 

 

大人のニキビ肌からの脱出法は、それほど難しいものではない。まず、二つの天然素材を使う「保湿重視の無添加ニキビケア」で肌の乾燥を止め、大人ニキビの症状を改善に導く好循環をスタートさせる。そこに余分な皮脂が詰まることを消す方法を加えることでIgE抗体を作りやすい体質を変え、大人のニキビ肌からの根本的離脱を可能にする。この方法は難しい治療もなければ、厳重に管理が必要な薬も使わない。

 

で結局大人ニキビのニキビケアはどうすれば?

ところで、大人のニキビ肌で悩んでいる人、大人のニキビ肌の子供さんを持っているお母さん方は、病院でもらつた外用刺激の強いニキビケア化粧品剤を使っておられる方が多いだろうと思う。なかには、報じられる刺激の強いニキビケア化粧品薬害に、刺激の強いニキビケア化粧品恐怖症のようになっている患者さんもいる。「羹(あつもの)に懲りて檜(なます)を吹く」ということゎざがあるが、ただ闇雲に刺激の強いニキビケア化粧品剤を怖がる必要はない。そこで今、刺激の強いニキビケア化粧品剤を使っている方は、どんな刺激の強いニキビケア化粧品剤を使っているかを再チェックしてほしぃ。刺激の強いニキビケア化粧品剤の使用に当たって、十分な注意が必要なことは言うまでもない。しかし、刺激の強いニキビケア化粧品剤の使用に熟練した医師の指導下であれば、副作用の心配もなく、非常に有効な外用剤であるとも言える。特に症状のひどい場合には非常に効果的で、現状では治療法の一つの選択肢と考えても良いと思われる。刺激の強いニキビケア化粧品剤を適切に使用すれば、軽快が早められることも十分に期待できる。刺激の強いニキビケア化粧品剤は、化粧水や洗顔、美容液に分けられる。これは強さによる分類だが、専門家によつては若干の違いがある。

 

ニキビで有名なサイト

ニキビケア大百科
http://nc-cosme.com/

更新履歴